事務所ニュース

  • TOP
  • 就業規則について
  • 事務所のご案内/アクセス
  • サービス業務のご案内
  • お問い合わせ
  • 新着情報
  • プライバシーポリシー
TOP > 新着情報

業務案内、労働関係、社会保険関係の情報をご提供します

外国人技能実習239機関で不正 法務省発表 (2017年3月21日)

法務省は、各地の入国管理局が外国人技能実習の適正な実施を妨げる「不正行為」があったと通知した受入れ機関が2016年に239件あったと発表した。通知を受けた機関は最大で5年間、実習生の受入れが禁止される。不正の内訳は、労働関係法令の違反が134件、不正行為の隠蔽が94件、申請内容と異なる他の機関で実習をさせたことなどが51件。

「同一労働同一賃金」有識者検討会報告書まとまる (2017年3月21日)

厚生労働省は、「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 報告書」をホームページ上で公開した。同報告書では、正社員と非正規社員の待遇差に関する説明義務などの論点について整理がなされている。今後、報告書で挙げられた論点について労働政策審議会で議論がなされる予定。

労基署業務の民間委託案に厚労省が難色 (2017年3月21日)

政府の規制改革推進会議が、労働基準監督署の業務を一部民間に委託する検討会の初会合を開いた。残業規制の強化に伴う労基署の人手不足を解消するのがねらいで、6月の答申に委託解禁を盛り込む予定。会合では社労士などへの業務委託が提案されたが、厚生労働省は「複雑な仕事」などとして難色を示した。

雇用保険法、育児・介護休業法等改正案が審議入り (2017年3月13日)

2017年4月からの雇用保険料の引下げや育児休業期間の最長2年への延長などが盛り込まれた「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が、衆議院本会議で審議入りした。今年度中に成立の見通し。

残業上限規制「月100時間」で労使合意の見通し (2017年3月13日)

働き方改革の柱として政府が検討している「残業時間の上限規制」をめぐり、繁忙期の上限を「月100時間」とし、5年後の見直し規定を設ける方向で経団連と連合が最終調整に入ったことがわかった。また、「勤務間インターバル規制」については事業主に努力義務を課すよう法律に明記することで合意する見通し。

次のニュース一覧へ

ページのトップへ

Copyright(C)2015 さかべ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.

助成金、労使トラブルのご相談にも迅速に対応致します。