事務所ニュース

  • TOP
  • 就業規則について
  • 事務所のご案内/アクセス
  • サービス業務のご案内
  • お問い合わせ
  • 新着情報
  • プライバシーポリシー
TOP > 新着情報

業務案内、労働関係、社会保険関係の情報をご提供します

働き方改革法が成立 (2018年7月2日)

29日、政府が今国会の最重要課題としてきた働き方改革関連法が参議院本会議で成立した。時間外労働の罰則付き上限規制、同一労働同一賃金、高度プロフェッショナル制度の導入を柱にし、労働基準法や労働契約法など計8本の法律を一括で改正する。

都内の零細企業、6割以上が就業規則なし (2018年6月25日)

東京都内の従業員5人以下の企業で、就業規則を整備していない企業が63%に上ることが、東京中小企業家同友会が会員企業を対象に行った調査でわかった。会員企業464社が、事業承継については、23%が廃業または後継者不在と回答した。

外国人技能実習生受入れの法令違反、過去最多 (2018年6月25日)

厚生労働省は20日、外国人技能実習生の受入れ企業の事業場での労働法令違反について、2017年に4,226か所でみつかったと発表した。前年より5.5%増え、4年連続で過去最多を更新した。内訳では、労使協定を超える残業など「労働時間」に関する違反が1,566カ所で最多、「安全基準」が1,176カ所と続いた。

介護職に7割、利用者からパワハラ経験 (2018年6月25日)

介護職の7割が、利用者および家族から暴言・暴力などのパワハラ被害を受けた経験があることが、日本介護クラフトユニオンの調査でわかった。被害内容の内訳(複数回答)では、「攻撃的態度で大声を出す」が61.4%、「他者を引き合いに出し、サービスを強要する」が52.4%だった。

バイト時給の上昇傾向続く (2018年6月18日)

リクルートジョブズが14日に発表した三大都市圏の5月のアルバイト・パートの募集時平均時給は前年同月比で1.8%高い1,024円となった。地域別に見ると、首都圏が1.6%高の1,064円、東海は1.9%高の964円、関西は2.4%高の992円。伸び率が高かった職種は、販売・サービス職の2.4%高の1,014円。

前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ

ページのトップへ

Copyright(C)2015 さかべ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.

助成金、労使トラブルのご相談にも迅速に対応致します。